2010
01.30
塩浸城跡縄張図

塩浸城

エリア, 東部ブロック, 歴史

塩浸城(しおひたしじょう)

小森川南岸の浸食崖に構築された平山城で、平戸松浦氏の支城である井手平城の侵略のため天正14年(1586年)大村純忠が築城したといわれる。

長崎県佐世保市下の原町中田

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments