2010
01.30

牛ノ岳城

エリア, 東部ブロック, 歴史

牛ノ岳城(うしのたけじょう)

永禄7年(1564年)針尾伊賀守によって築かれたと云われる。

針尾城主針尾氏ははじめ大村氏に属していたが、後藤貴明が大村氏を攻めたときにこれに呼応した。その後、平戸松浦氏に属することとなったが、大村氏が針尾島の奪還を目指したため、これに備えるために築いたのが牛ノ岳城と云われる。

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments