2021
04.11

Surfaceユーザー向けバーチャル背景設定

Zoom, マイクロソフト, 技術情報

Zoomのバーチャル背景設定

バーチャル背景機能を使用すると、Zoomミーティング中に背景として画像やビデオを表示することができます。この機能は、Zoomが人物と背景を見分けることができるよう、グリーンスクリーンを使い、照明が均一の場合、最も効果的です。

バーチャル背景として、自分の画像をアップロードすることもできます。バーチャル背景の追加にあたってサイズの制限はありませんが、アップロードする前に、お使いのカメラのアスペクト比と一致するよう画像をクロップすることをお勧めします。

:Surfaceシリーズは5.0 MP フロント カメラ (1080p フル HD ビデオ)を搭載しているので1920ピクセル×1080ピクセルが最も適したサイズとなります。

撮影用グリーンスクリーンについて

推奨セットアップでは、バーチャル背景の効果を最大限に引き出すために、無地、できればグリーンのスクリーンを推奨します。
環境は均一の照明と色を使用してください。
※動画から背景部分の認識向上します。

背景イメージ / 背景ビデオの解像度は…
画像は、アスペクト比16:9、最小解像度1280×720ピクセルか解像度1920×1080ピクセルのイメージ。
動画は、最大解像度1920×1080ピクセル(1080p)の動画(MP4またはMOVファイル)。
Surfaceのスペックなどを考えて共通で1920ピクセル×1080ピクセルで作るのをお勧めしています。

制作時の注意

オンライン外部との不特定の方と通信するので何といってもロイヤルティフリーの画像のソースを使用することが大切です。
これは他のYouTubeやSNSのサービスを使用する時の注意と同じになります。

また、Zoom中にBGMを流されている場合も注意が必要かもしれませんね。

早速作ってみよう~
縁ギリギリは環境によっては見切れたり撮影しにくかったりしますので特に左右に余裕を持たせます。
記載する内容は名刺と同じ内容がお薦めです。
取扱商品がわかるようなデザインなど目的に応じて複数作るのもいいですね。

バーチャル背景は名刺やパンフレットの代わりです!

オンライン会議になってしまって名刺交換などのチャンスがなく困ります。
オンラインルーム室長が上手な方はブレイクタイムにチャンスを促したりいい時間を提供してくれるところもありますが…。
情報交換する前にオフラインになられたりですね。
テキストでメールを送ったりよりスマホで写真を撮ってもらいLINEやFACEBOOKの友達追加がお薦めです。

解像度1920×1080ピクセルの画像を作ってみた…次回は、動画を作ります…

画像や動画をバーチャル背景に設定をしてみよう!

  • グループ向け(特定のグループのすべてのメンバーのためにバーチャル背景機能を有効にする)
  • ユーザー向け(自分向けにバーチャル背景機能を有効にする)
    • Zoomウェブポータルにサインインします。
    • マイミーティング設定をクリックするか(アカウント管理者である場合)またはミーティング設定をクリックします(アカウントメンバーである場合)。
    • ミーティングタブのバーチャル背景オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。
  • Zoom Rooms向け(Zoom Rooms向けにバーチャル背景を有効にする)
    • 管理者として、Zoomウェブポータルにサインインします。
    • Zoom Roomsページに移動し、アカウント設定をクリックします。
    • グリーンスクリーン付きのバーチャル背景オプションに切り替えます。
    • 画像をアップロードをクリックし、デフォルトのライブラリに背景の選択肢を増やします。
  • アカウント(組織のすべてのメンバーのためにバーチャル背景機能を有効にする)
    • アカウント設定を編集する権限を持つ管理者としてZoomウェブポータルにサインインし、アカウント設定をクリックします。
    • ミーティングタブのバーチャル背景オプションに移動して、設定が有効になっていることを確認します。
    • (オプション)アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、鍵型アイコンをクリックし、[ロックする] をクリックして設定を確認します。
お薦めバッグ

0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments