2021
01.11

YouTubeの埋め込み

Google, 技術情報

ブログサイトにYouTubeに投稿した動画を埋め込む方法

ここではYouTubeに投稿した動画のブログサイトでの動画埋め込みを紹介。
ちょっとコードを知るといろんな効果を付加できます。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/j3OEQvrALL0" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

【YouTubeの埋め込み】

1.「共有」をクリック

2.「埋め込む」を選択するとコードが表示されます

3.「コピー」でコードを表示したい場所に貼り付けて完了です。

※IFrameプレーヤーAPIを使用してプレーヤーを埋め込むことで多くのパラメーターを変更することができます

詳しくは:YouTube埋め込みプレーヤーとプレーヤーパラメータ


》》パラメーターだけ変更は意外と簡単

こちらYouTube Player Demoから簡単にコードが作成できます

<iframe id="ytplayer" type="text/html" width="720" height="405"
src="https://www.youtube.com/embed/j3OEQvrALL0?autoplay=1&controls=0&fs=0&loop=1&color=white"
frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

YouTubeロゴを白くしたり、プレイラインを消したり開始時間や終了時間も変更できます。


》》もっと詳細に変更したい時は…

    <!-- 1. The <iframe> (and video player) will replace this <div> tag. -->
    <div id="player"></div>

    <script>
      // 2. This code loads the IFrame Player API code asynchronously.
      var tag = document.createElement('script');

      tag.src = "https://www.youtube.com/iframe_api";
      var firstScriptTag = document.getElementsByTagName('script')[0];
      firstScriptTag.parentNode.insertBefore(tag, firstScriptTag);

      // 3. This function creates an <iframe> (and YouTube player)
      //    after the API code downloads.
      var player;
      function onYouTubeIframeAPIReady() {
        player = new YT.Player('player', {
          height: '390',
          width: '100%',
          videoId: 'j3OEQvrALL0',
          events: {
            'onReady': onPlayerReady,
            'onStateChange': onPlayerStateChange
          }
        });
      }

      // 4. The API will call this function when the video player is ready.
      function onPlayerReady(event) {
        event.target.playVideo();
      }

      // 5. The API calls this function when the player's state changes.
      //    The function indicates that when playing a video (state=1),
      //    the player should play for six seconds and then stop.
      var done = false;
      function onPlayerStateChange(event) {
        if (event.data == YT.PlayerState.PLAYING && !done) {
          setTimeout(stopVideo, 6000);
          done = true;
        }
      }
      function stopVideo() {
        player.stopVideo();
      }
    </script>

※合わせて確認しておきたいコマーシャル活動に便利な「プレイリスト」の作り方と活用設定もご確認ください。
プレイリストのループ再生は簡単な小規模サイネージにも応用できて便利です。

scriptなどの質問はコメントから受付けます。

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments